[旧:三十路手前のメモ書き]
子供ができてパパになった三十路男のメモ書き
2004.6.30〜

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
PR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
わかりあえなくても
先月のこと。
妻が浴室のシャワーヘッドを新しいものに交換した。

今まで使っていたシャワーヘッドが痛んできてた。
シャワーが整わずアチコチに散ってしまう状態だった。
これを嫌った妻が、俺が出張行ってる間にシャワーヘッドを交換した。
妻が選んだシャワーヘッドは水勢3倍を謳ったものだ。
凄い勢いで整ったシャワーが出る。
小スポットで痛い位のシャワーが出る。
妻はとても気に入ったようだ。

しかしこのシャワー、勢いが良すぎる。
小スポットで痛い位の水勢では、温まれない。
勢いが良すぎて寒いくらいだ。
蛇口で水勢を弱めても、小スポットでは温まれない。

そう、俺はこのシャワーが気に入らなかった。
俺は広範囲にそこそこの水勢で出るシャワーが好みだ。
妻とはシャワーの好みが合わない。
わかりあえないのだ。



また新しいものに交換しようかと思ったが、妻に反対された。
しかしどうにもこのシャワーが気に入らない。
アレコレと検討した結果・・・



シャワー二つ付けたった〜。

これなら妻も文句はないだろう。
ホースが邪魔だが、まぁ我慢できるレベルだ。

わかりあえない夫婦でも、こうして何とかやっているのである。

| マイホーム | 11:12 | comments(0) | |
愛車3号(ディスクブレーキ)
ここんとこ随分ほったらかしな感じだったCD50。

実は着々とカスタムしていたのだ。
最近ようやく完成した。(と言っても数カ月前の事だけど)



フ ロ ン ト ブ レ ー キ デ ィ ス ク 化 !

やっと出来たよ〜。

フロントはRZ50を移植、ステムはキューズバイククラフトさんで作ってもらった。
ライトやメーター周りはCD50純正のまま。
タイヤは前後ともRZ50純正のものに交換した。

結構手間暇費用がかかったけど、完成して素直に嬉しい。

組み立ててる途中でタコメータのランプの配線が切れてしまった。
修理できていないので夜はタコメータが見えない。
ステムを交換したため、ハンドルの切り角が小さくなってしまった。
車庫入れの取り回しが面倒くさくなった。
フロントフォークが柔らかいと感じる、リアが固すぎるのかもしれないが。
何か頼りない乗り午後地になってしまった。

会社の同僚に乗ってもらったら、ただ一言・・・"乗りにく!"

 で も 完 成 し て 満 足 で す ! !

今はCD50で会社に通勤している。
何となく頼りない乗り心地だが、素直に走るしちゃんと止まる。

今度はCD50で日帰りツーリングでもしたいなぁ〜。

| 愛車3号(CD50) | 07:49 | comments(0) | |
上海観光
先日の休みに、上海観光に行って来た。
蘇州に出張するようになって5年くらいになるが、はじめての上海観光だった。
東方明珠電視搭と蝋人形館に行った。

東方明珠電視搭は高さ467.9mのテレビ搭。
展望台が3つある。



展望台は上から下へと見て回るようになっていた。
一番高い展望台は高さ350m。
この日は残念ながら曇り。
見晴らしはイマイチだった。





二つ目の展望台は高さ263m。
実はここが一番恐い。
ガラス貼りで足元の景色が一望出来るからだ。



こ 、 こ わ い ・ ・ ・

流石に足が竦んだ。

一番下の展望台は高さ90m。
ここまで下がって来ると何も感じない。



やっぱり二番目の展望台が一番怖かった。



次に行ったのは蝋人形館。
上海杜莎夫人蜡像館と言うところだ。



行ってみると、さっそくジャッキーチェンが出迎えてくれた。



す げ ー よ く で き て る !

まるで本物みたいだ。
あまりの精巧さに驚いた。

ここにはジャッキーチェンの他にビル・ゲイツやオバマ大統領、アインシュタインとか、いろんな著名人の蝋人形があった。



ここは意外と楽しいところだった。
蝋人形の周りには柵もなく、並んで写真が撮れるのが面白かった。

ロッキーとファイティングポーズとったり〜



タイガーウッズにパター教えてやったり〜



大人気なくかなり楽しんだ。



また時間があれば、上海に行って見たいと思う。
今度は水族館がいいなぁ〜。

| 蘇州にて | 10:20 | comments(2) | |
学習机
長男が小学校に上がるので、学習机を買った。

最初は学習机を買おうかどうか迷った。
でもランドセルや教科書をしまうとこも必要になるし、
あったらええんちゃうかってことで買うことにした。
ついでだから次男の分も買うことにした。

最初は洒落た家具屋さんで選ぼうと思ったが・・・

め ち ゃ 高 !

俺が使いたくなるくらいイイ机があったが予想以上に高かった。
結局その辺で買った。よくある学習机だ。

学習机が届くと、長男はすごく喜んだ。
机に座ってオモチャで遊んだりしている。
次男はあんまり机に座らないが、それなりに喜んでいるようだ。

学習机が届いた日の夜、寝る前に長男が言った。

「机さん、おやすみなさい。」

そ ん な に 気 に 入 っ た の か !

長男はとにかく学習机を気に入っているようだ。
買って良かったと実感した。
これで勉強も頑張る子になるとええんやけどな〜。




| 子供できたっ! | 11:40 | comments(0) | |
家族旅行
スッカリご無沙汰になってしまったブログ。
久しぶりに書く前に言っておきたい。

 と り あ え ず 生 き て ま す 。

では本題・・・

先日、家族旅行に行ってきた。
2泊3日で山口〜津和野〜広島を巡ってきた。
最近スッカリ電車大好きっ子になった次男のため、移動は新幹線や鉄道を利用した。
今回は旅の途中で撮った鉄道写真を紹介したい。(大した腕ではないが・・・ )


京都駅でN700系を見るだけで大興奮の次男。
長男も次男も新幹線に乗るのは2度目だが、とても大喜びしていた。

新幹線に乗って数時間、ようやく目的の駅に着いた。新山口駅だ。
新山口駅には、ウチの近所じゃ中々見かけない汽車があった。


普通電車のキハ40系気動車、レトロな雰囲気が良い。


キハ187系"スーパーおき"
パッと見は普通電車のような雰囲気だが、立派な特急列車である。
次男は今まで本やテレビでしか見たことなかった車両をみて、とても喜んでいた。

で、旅の目的はコレ!


SLやまぐち号である。C571である。
以前にテレビ放送していた"C57復活"の特別番組、この録画を何度も見ていた長男と次男。
実物のC571を目の前にして、これまた大喜びであった。

さっそくSLやまぐち号に乗り込む。
俺達の席は"明治風客車"だった。中々風情のある客車だ。


壁の照明も凝ったものが使用されている。
我が家にも設置したくなるような照明だ。


銭湯の客車に行くと、目の前に炭水車が見える。
SLに牽引されていることを実感できる。
この場所は長男がとても気に入っていた。


最後尾の展望デッキも中々気持ちいい。
後方に流れていく線路が旅情を感じさせる。
"劇場版銀河鉄道999"の1シーンを思い出したのは、俺だけじゃないはずだ。


SLやまぐち号は途中何カ所かの駅で停車する。
停車時間が長い場合もあるので、みんな挙って写真を撮りに行っていた。
線路に入って写真撮っているオッサンが車掌さんに注意されていた。
マナーは守りましょう。


SLやまぐち号は2時間ほどで終点津和野駅に到着した。
次男は途中で寝てしまったが、とても楽しいSLの旅だった。

この後、C571は転車台に乗って方向転換したのだが、うどんを食べているうちに見逃してしまった。


方向転換を終えたC571を見に行くと、炭水車の上で石炭をならす作業をしていた。
SLを運行するのは大変な仕事であることを垣間見た。


夕方になると、SLやまぐち号は新山口に向けて出発した。
俺達家族は津和野で1泊予定だったので、新山口に帰って行くC571を見送った。

SLやまぐち号は想像以上に楽しい列車だった。
トンネルの中に入る度に立ちこめる石炭の臭いですら、楽しいものとなった。
長男も次男も妻も喜んでくれた、わざわざ乗りに行った甲斐があったと思う。

最後に1枚・・・


帰路の広島駅で見た500系、ホームに着いた時には発車直前だったため、後ろ姿しか撮れなかった。
俺はまだ500系に乗った事がない。一度乗ってみたいと思うのだが・・・

帰路はN700系さくらに乗った。
写真はないが、座席のゆったりさは格別のものがあった。



次は旅先の写真を紹介したいと思う。

| - | 01:19 | comments(0) | |
金環日蝕
だいぶ出遅れた感じだが、先日の金環日蝕を撮影してみた。
K10Dに50-300mmレンズと遮光フィルタを付けて・・・って思ってたんだが、

 遮 光 フ ィ ル タ 入 手 で き ず ! !

カメラのキタ○ラに行ったら"日食グッズ県内全域販売完了"って張り紙があった。
県内全域ですか・・・どうやら俺は日蝕ブームを甘く見ていたようだ。

さすがにフィルタ無しでは撮影できない。
どうしたものかと考えた末・・・とりあえず作ってみた。


透明のCDケースの蓋の表裏両方を油性マジックで塗っただけ。
これで何とか撮れるかなぁ・・・


お!何とかなりそ〜!
色が紫色だ、きっと油性マジックの色が出てるんだろう。
どうせなら赤や黄色の油性マジックも試してみればよかったか。


輪っかが撮れた〜!
300mmでも何とか撮せるんやね〜。
でもってトリミングしてみる。(上の写真はノートリムです。)



何とか輪っかになってるね〜、ちょっとブレちゃってるか?
青紫色ってのが太陽っぽくない、むしろ月っぽいな。
まぁとにかく何とか撮影できて良かった。

ついでにこっちもやってみた。


透明じゃないCDケースに穴を開けただけ、影の形状を観察できるヤツ。
コレ、なんて言う名称なんやろ?


おぉ〜!やっぱり影も輪っかになるのねぇ〜。
これは簡単で分かりやすい観察方法だ。
ちなみにこの写真はiPhone4Sで撮影している。

中国出張からの一時帰国がたまたま日蝕の日と重なっただけだが、日蝕撮影できて良かった。
子供達に写真を見せると"太陽輪っかになったなぁ〜”って喜んでくれた。



実はこの時、K10Dは大きな問題を抱えていた。
それは・・・

 A F が 動 作 し な い ! !

レンズマウントにあるAF駆動のピンがレンズを装着したときに連結できないようだ。
AFモータは駆動しているのにレンズの焦点は動かない。
いつまでもAFモータが回り続けている状態だ。

このときの撮影はMFで乗り切った。
風景や天体を撮影する場合ならAFが動作しなくてもさほど問題にならない。
しかし子供を撮影する場合はAFは必要だ、俺の腕前なら特に重要である。

さてどうしたものか・・・

| カメラ | 07:26 | comments(2) | |
実家の桜

今年も実家の桜が綺麗に咲いた。

昨年まで実家では母が独りで暮らしていた。
今は俺が建てた家で母も一緒に暮らしている。
実家は空き家になってしまった。

今、実家は学習塾の教室に貸している。
といっても1階の一部分だけ。
2階には母や俺や妹の荷物が残ったままだ。
いつかは荷物を片付けて、実家を処分しなければならない。



この桜もいつかは見れなくなるんだろうな…

| - | 18:52 | comments(2) | |
スカイグラスパー
中国出張でもできる趣味ってことで、日本から持ってきたプラモデル。
第二弾はこれだ。


RGスカイグラスパーだ。
1/144サイズなのに多色成型で素組みでも見事な仕上がりだ。
それにしても・・・

 こ れ 、 本 当 に 飛 べ る の か ? 

鳥人間コンテストですぐに墜落しそうなイメージなのは俺だけか?

スカイグラスパーはまぁヨシとして、本命はこっちだ。


ランチャーストライクガンダム。
ストライクガンダムの装備でコイツが一番好きだ。
これが欲しくてスカイグラスパーを買ったようなものだ。

ついでにこれ。


ソードストライクガンダム。
こっちも結構好きだが、左肩のパーツの取り付け方が不満だ。
なんでイチイチ分解せなアカンのや〜?

でもって最後。


"ぼくがかんがえたさいきょうのすとらいく"
といっても全部くっつけただけだ。
友人の要望でやってみた。
ライフルは持たせられなかったのでスカイグラスパーにつけてみた。

 バ ラ ン ス 悪 い ・ ・ ・ 

とりあえずこの状態でホテルの部屋に飾ってある。

ところがある日、スカイグラスパーが傾いていた。
あれっと思ってみてみると、右後方の車輪が外れていた。
あれれっと思ってよくみてみると・・・

 部 品 1 個 無 く な っ て る ! 

おそらく掃除のおばちゃんが落としちゃったんだろうなぁ〜。
子供が壊したなら怒りもするが、中国の掃除のおばちゃんに怒っても通じないだろう。

 は ぁ 〜 ・ ・ ・
 せ っ か く 作 っ た の に ぃ 〜 ・ ・ ・

RGスカイグラスパーは本当に部品が細かい。
おまけにアチコチポロポロと良く取れる。RGストライクもそうだが。
弱そうなところは瞬着で固定していたのだけど、車輪の部品は固定してなかった。
なんか残念な感じ・・・

とはいえまぁ、完成して良かったと思う。

中国出張はもうしばらく続きそうだ。
掃除のおばちゃんアタックにもめげず、次も何か作りたいと思う。



| プラモデル | 23:53 | comments(2) | |
プレマシー in China

我が家のプレマシーと同じのを中国の出張先で見つけた。
俺が出張で来ている蘇州では結構マツダ車を見かける。
蘇州では結構人気があるそうだ。
いままでも何度か我が家と同じプレマシーを見かけたが、

 ま さ か 出 張 先 の 会 社 の 駐 車 場 で 見 か け る と は !

中国向けのプレマシーってどうなんやろうと、ついついジロジロと見てしまった。
当然っちゃー当然だが、左ハンドルだった。
外装から見てグレードは20Eだろう。
でも一番驚いたのが(写真じゃ解りにくいけど)

 サ ン ル ー フ 付 い て る !

俺が買った時にはサンルーフの仕様はなかったと思う。
ええなぁ〜サンルーフ・・・俺も付けたかったなぁ〜・・・

| プレマシー | 00:58 | comments(0) | |
エールストライクガンダム
昨年9月頃から中国出張が増え、すっかり中国での生活の方が長くなってしまった。
せっかく建てた新居での生活より、中国のホテルでの生活の方が長い。
こんなに長く中国ホテル暮らしをしていると、さすがに疲れてくる。
疲れてくると言うより、飽きてくると言った方が正確かもしれない。

日本に居れば休日に家族と出かけたり自分の趣味に没頭したりできるが、中国ではそれがない。
一緒に中国に来てる連中と飲みに行ったり観光したりもしているが、それも飽きてきた。
なので最近は休日に部屋に籠ってDVDみたネッしたりしているが、それもやっぱり飽きてきた。
仕事しているときは良いのだが、仕事終わってからや休日に時間を持て余すようになってきた。

中国出張はまだしばらく続きそうなので、中国でも何か趣味をすることを考えた。
車やバイクには乗れないし、楽器を持ってきても独りで寂しだけだし・・・
自分の趣味で中国でもできそうなものを色々考えた結果、

 中 国 に プ ラ モ デ ル 持 っ て き た 。

本格的に模型製作はできないけど、素組みに墨入れくらいならできる。
仕事終わって部屋に帰ってからチマチマと組みたてて、ようやく完成した。


RGエールストライクガンダムだ。

 「見せてもらおうか、バンダイのRGの性能とやらを!」

ってなノリで箱を開けてびっくりした。
1/144なのにすごい部品点数が多い。

 「圧倒的じゃないか・・・」

部品点数以上に多いと感じたのがデカールの数。
小さいシールを100枚くらい貼るように説明書に書いてあった。
これには正直ウンザリした。

デカールは適当にすませ、とりあえず素組み完了とした。
それにしても最近のガンプラは良く動く。
俺が子供の頃に作ったガンダムとは大違いだ。


素組みで適当な作り方だけど、完成して満足だ。
結局部屋に引き籠っているいるのだけれど、ちょっとでも趣味が出来て良かった。

| プラモデル | 13:56 | comments(0) | |